結婚ブログ

8歳年下の嫁さんとのデキ結婚生活をせきららに綴ります。

彼女の両親に初めての挨拶

意を決して彼女に両親に挨拶したいことを告げる。

その前に彼女は実家に帰っていて、母親だけには妊娠の事実を伝えたと連絡がありました。

 

母親の反応は・・・激オコ

 

そりゃそうですよね。
どこの誰だかわからない相手が学生の女の子を妊娠させたんですからね。

 

父親には母親から伝えるようですがこれももう分かりきってる結果ですよ。

激オコですよ。

 

完全に私が悪いです。
もう謝り倒すしかないです。

 


えーっとちょっと書いてて苦しくなってきました。
当時を思い出して書いてるだけでちょっとつらたんです。

 

実はもう10年前のことなんですけど、はっきりと覚えすぎてて。。

しょーじき、まだお義父さんとは完全にわだかまりがなくなっているのかというと、
わかりません;;

 

でも、10年結婚生活をしっかりと送ってきたのでそれなりに認められていると思いたいです。


話がずれましたが、某ホテルではじめてのご挨拶から帰るまで
終始ご両親に責められ続けたわけです。

 

彼女は外に出されて自分とご両親1対2です。

 

自己紹介的なのやらされて、今の給料から貯金額まで聞かれてと・・・。


まあ、気持ちはわかりますよ。
今の俺でも逆の立場だったらするかもしれないです。

 

自分がつらかったことは他人にするなといいますけど、
かわいい自分の子供がこんな事態になったとしたら同じことをするでしょう。
いや、もっともっとエグイことしてやるかもしれないです。


私にも今二人の子供がいます。
かわいくてしかたないです。


と、まあ。
ご両親への挨拶は舐めきっていたので大失敗に終わりました。

その日の挨拶はどうなったかというと、数時間いびられたもんで、
「もういいです!」といってホテルを飛び出しました(笑

 

ここからの方が大変だったかな。
今日はここまでにします。