結婚ブログ

8歳年下の嫁さんとのデキ結婚生活をせきららに綴ります。

親同士ご対面

彼女の両親への初挨拶は撃沈でした。

そりゃそうですよね。

 

学生をハラマセタンデスカラ。

 

何よりも失敗だったのは自分がキレてホテルを出て行ったこと。

今思い出してもクソガキの行動です。

自分が同じことされたら絶対に許せない行為です。

 

こういうときは何を言われても何をされても謝り続けるしかないんですよね。

 

まあ、クソガキでしたから。

すでにアラサーでしたけど。。

 

心配していたのでその後に自分の両親に事の成り行きを説明。

あまり覚えてないですけど共感してくれたんだと思います。

よく頑張ったと言ってくれました。

 

翌週に私の両親が彼女の両親にあいさつに行ってくれました。

うー、情けない。男のくせに両親にあいさつに行ってもらうとか。。。

 

で、結果はというと散々だったようです。

何が散々って、俺が金がない状態だったからか金の工面をしてあげろとか、

今後の生活はすべて面倒をみろだとか、金の話がメインで親父が逆にキレてしまったと。。

おう・・・。血は争えないな(笑)

 

どうキレたかというと「俺の息子を信用できないのか!」と机を叩いて帰ってきたらしい。

正直聞いたときはうれしかったし、この親父の行動を裏切ってはいけないと心底思いましたね。

 

それがあったから家庭でも仕事でも嫌なことがあっても乗り切れたと思ってます。

感謝しかありません。

 

まあ、私の両親もどっちにしろ撃沈したと笑

 

そうこうしていても彼女のお腹の赤ちゃんは成長し続けてます。

 

何よりも彼女とお腹の赤ちゃんを最優先したかったのです。

意を決して了承も得られぬまま駆け落ちのようにして、

部屋を借りて一緒に住み始めました。。

 

お腹の赤ちゃんはそのとき3か月くらいでした。